勃起不全は男の恥!

勃起不全の治療費を半額にするには治療薬選びから

勃起不全の治療には高額な費用がかかります。
クリニックで治療をするときは、泌尿器科、専門クリニックを問わずに保険の適用外です。
保険が使用できない理由はシンプルであり、重大疾患とみなされないからです。
勃起不全により性行為に支障が出るでしょうが、激痛を伴ったり、命を落としたりすることはないでしょう。
そのため、ED治療薬で最安値と言われるバイアグラでも、1錠1,200円以上と高額になっています。
治療費の大半を占めるのは薬代なので、いかにここを抑えるかが重要です。

治療薬を半額に抑えるだけで、実質的に勃起不全の治療費は半分程度になります。
検査や診察費用は薬代と比べると大した金額ではありません。
治療薬を半額にする方法は、現在において個人輸入を利用するしかないです。
バイアグラに関してはジェネリックが登場し、クリニックでも取り扱っています。
しかし、先発薬の半額まで安くなることはありません。
ジェネリックの相場は1錠1,200円程度であり、安くても1,000円はします。
先発薬と比べて、7~8割程度の価格となっています。

半額にするためには、インド製のジェネリックの利用をおすすめします。
インドは特許期間内の治療薬に関しても、法的に製造することができます。
その価格はクリニックで取り扱っているジェネリックよりも大幅に安く、1錠300円以下の薬も多く見られます。
インド製の薬の場合、レビトラやシアリスのジェネリックも格安で入手できるのです。
うまくいけば治療費を5分の1以下に抑えることも可能です。
個人輸入には怪しい会社もありますが、国内の大手老舗サイトなら安心できます。
運営年数の長い業者ほど、偽物を取り扱っている確率は低いと考えていいでしょう。